よむライフ

買ってよかった・使ってよかったものをご紹介

映画

【映画】飯田橋 ギンレイホールに行ってきた

2015/04/05

最近好きなのが、名画座。とはいっても、ここ飯田橋のギンレイホールばっかりなのですが。
名画座というだけあって、二本立ての旧作を1500円で見させてくれます。

2週間ごとに上映作品は変わるのですが、今回見てきたのは以下の2本。
1.『ブルーバレンタイン』
2.『キッズ・オールライト』

筋を言ってしまうとつまらないので割愛しますが、1.は結婚してしばらくたつ夫婦仲の危機を描いた作品、2.はレズビアンカップル、その娘と息子、その父親(レズビアンカップルへの精子提供者のこと。レズビアンカップルは、どちらもこの男性の精子によって子供を産んだのだ)の作品です。

1.は、ありがちといえばありがちな設定ですが、夫婦が出会った頃の楽しそうな映像と、感情がぶつかりあうようになっていく現在の映像が交互に流れて、見ている方としては複雑な気分に…。さらに、夫婦には幼い女の子がいるのですが、この女の子は夫の子供ではないらしい…。
夫婦仲の危機って、ある程度のところまで進んでしまうともう戻れなくなってしまうのかなぁ、とふと思いました。それは夫婦仲に限ったことではないんだけど、それでも。
全体的に暗い雰囲気が漂う映画でした。あえてカップルで観る必要はないかもしれない。

2.は、設定が突飛ですよね。レズビアンカップルが主人公で、同じ精子提供者の精子を使って、それぞれが子供を一人ずつ産んでいる。今の日本では絶対に見られない家族構成ですが、同性婚が合法化されたNYCなどではこれから増えていくのかな。
ちょっと複雑な家庭環境の中、子供たちは精子提供者の男に会いに行く。それをきっかけに、仲良くなっていく家族と男。ただ、そんな単純には進まない…。
こちらは、少し考えさせられる場面があったものの、楽しく観ることができました。

僕は1.→2.の順で観たので、観終ったあとは明るい気持ちになれたんですが、2.→1.の順に観ちゃうとちょっと微妙かもしれないですね。

さらに、どちらもR-15指定なので、あんなシーンやこんなシーンも割と出てきます。そういうシーンを一緒に観ると気まずくなる人とは、一緒に観ないことをお勧めしますw

●ギンレイホール
http://www.ginreihall.com/index.html

飯田橋にある名画座。
2本立てを1500円で上映。
作品は2週間ごとに入れ替わる。
「ギンレイ・シネマクラブ」に入会すれば、10,500円~で1年間観放題のパスポートが手に入る。僕も入ろうかなぁ。

-映画